モリンガの副作用について徹底解説!

モリンガブログ

今話題のスーパーフード“モリンガ”について、いったいどんな食べ物なのか、またその副作用などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

Amazon第1位のモリンガサプリで【美容・健康・毎朝スッキリ】を手に入れませんか?

モリンガサプリメント

「モリンガサプリメント」はAmazonで「モリンガ」商品の売上No.1を獲得している大人気商品です。(※2019年1月時点)

 

その人気の理由は、飲みやすく、価格も安いからでしょう。もちろん、モリンガ100%がしっかり入っているところも要因でしょう。

こういった点が他の商品よりも魅力的だからこそ圧倒的に売れているのでしょう。

それはAmazonレビューを見れば明らかにわかるので、ぜひ見てみてください。↓

Amazonで詳細を見る

そもそも、モリンガって何なの?

モリンガとは、ワサビノキ科の植物です。別名「奇跡の木」「薬箱の木」とも呼ばれているようです。

 

モリンガには、人間の健康維持のために良いとされている栄養素が非常に豊富に含まれていて、それがスーパーフードと言われているゆえんです。葉、花、枝、幹、根、種と、丸ごと余すところなく、すべてを有効利用できると言われています。

 

「モリンガには、いったいどんな栄養素が含まれているの?」と気になるところですが、具体的な栄養素については、後ほどじっくりとご紹介しましょう。

 

モリンガって、どこで採れるの?

モリンガの起源は、北インドであると言われています。フィリピン、インドネシア、アフリカなどの亜熱帯の国々の人々にも、古来からモリンガは愛され、利用されてきました。モリンガは、気温が15度以下になると成長が止まってしまうため、一年中暖かい地域で栽培されることが理想的とされています。

 

実は、日本でもモリンガが栽培されているのをご存知でしょうか。沖縄県、熊本県、宮崎県などで、モリンガが栽培されています。なかでも安定してモリンガが栽培できる地域は、年間を通して10度を下回ることが少ない、沖縄です。

栽培される地域によって、モリンガの質は変わってくるの?

栽培地が複数あると、「どこの栽培地のモリンガを選べばいいの?」と分からなくなってしまいますよね。その判断基準のひとつが、“質”なのではないかと思います。

 

結論から言えば、“栽培されているモリンガ”という観点からだと、タイ、フィリピン、インドネアシア、インド、アフリカなどの外国産のモリンガのほうが、栄養素が高いようです。

 

なぜなら、これらの国は亜熱帯であるため、年中、30度を超す真夏のような気温の日が多いからです。モリンガは高い気温を好むため、亜熱帯で育ったものは栄養価が高く、濃い緑色をしていると言われています。

 

また、亜熱帯で育てられたモリンガは、葉も大きく、肉厚になります。国産のモリンガは、沖縄、九州の暖かい地域でも、冬になるとどうしても15度を下回る日が出てきてしまうため、亜熱帯のものより葉が小さくなったり、分厚くなくなってしまったりします。

 

ただ、日本において栽培されているモリンガも、決して品質が悪かったり、栄養素が足りないわけではありません。

沖縄は一年を通してほぼ暖かいですし、沖縄以外の地域でも、モリンガが好む一定の気温を保ちながらハウス栽培されているところもあるため、ちゃんと栄養価の高いものが生産されています。

しかし、天然の太陽光のもとで育てられたモリンガが、日本国産のモリンガよりも品質が高くなってしまうのは、やはりしかたがないことなのでしょう。

モリンガの栄養素について知りたい!

栄養素

モリンガには、非常にたくさんの栄養素が含まれています。含まれている主な栄養素を挙げてみると、

 

・鉄分……ほうれんそうの5倍

・ビタミンA……バナナの15倍

・カリウム……牛乳の63倍

・亜鉛

・ポリフェノール……赤ワインの8倍

・アルギニン

・ビタミンB1……豚肉の4倍

・ビタミンB2……いわしの50倍

・ビタミンB3

・ビタミンC……みかんの5倍

・カルシウム……牛乳の20倍

・マグネシウム……卵の36倍

・ギャバ……発芽玄米の20倍

・食物繊維……ごぼうの5倍

・アミノ酸……黒酢の2倍

・たんぱく質…・・ヨーグルトの9倍

・リジン

・フェリルアラニン

・バリン

 

などです。栄養素の数もさることながら、その含有量もすばらしいですね。体内で産生できず、食べ物からしか摂取できない“必須アミノ酸”も、モリンガにはちゃんと含まれています。

これだけの栄養素がバランス良く取れてしまうモリンガは、まさにスーパーフードと言えますね。

モリンガが含まれている食品にはどんなものがある?味や香りは?

モリンガが含まれている食品について調べてみると、

 

・サプリメント

・パウダー

・お茶

・青汁

 

などがありました。

自分が食べやすい形態のものを選ぶと良いですね。

 

ちなみに、味や香りについても、モリンガを実際に飲んだ知人の感想や、口コミなどを参考に、詳しく調べてみました。

 

☆モリンガのサプリメント

 

「サプリメントだが、ほのかに抹茶や緑茶のような味がする」

「草っぽい、独特の苦みがある」

「独特のにおいがするが、慣れると気にならない」

 

☆モリンガのパウダー

 

「抹茶や緑茶に近い味がした」

「渋みはなく、クセのない味だと思う」

「少し苦い」

「ワサビの仲間だからか、ちょっと辛みがある」

「一度にたくさん摂取すると、辛い」

 

☆モリンガ茶

 

「草っぽい味がする」

「ジャスミンティーに似ている」

「優しい味がする」

「爽健美茶に似ている」

「とうもろこしのような味がして香ばしい」

 

☆モリンガ青汁

 

「すっきりした味で飲みやすい」

「紅茶で割るとおいしい」

「フルーツの味がして苦みはない」

 

以上が、モリンガが配合された食品を摂取した人の感想です。総合的にみると、モリンガはそれほどクセがあるわけでもなく、非常に食べやすそうですね。特に、モリンガ青汁は、フルーツなども一緒に配合されていて、摂取しやすさがアップしているようです。

 

モリンガには副作用ってあるの?

さて、モリンガには栄養素がたっぷり含まれていることは分かりましたが、副作用というものはあるのでしょうか。

 

結論から言うと、モリンガは薬品ではないため、“副作用”は存在しません。しかし、摂取する際、気を付けるべきことはあるので、それについてご紹介しましょう。

 

まず、モリンガには、ビタミンAが非常に多く含まれています。ビタミンAの過剰摂取は問題と言われています。

しかし、一般的なサプリでいえば2箱飲んでも推奨量に達するかどうか。心配するレベルではないのです。

 

また、モリンガにはギャバが多く含まれています。そのため、糖尿病の方で、血糖値を下げる薬を飲んでいる人は、モリンガを食べるのはやめておいたほうがいいとされています。

妊婦の方は注意?

注意

妊娠中は、おなかの赤ちゃんのために、栄養価の高いものを摂取したいものですよね。しかし、注意すべき点もあります。

 

また、厚生労働省も、下記のように注意喚起しています。

 

Moringa oleifera(以下「モリンガ」という。)及びその加工品については、現在、国内において販売されているとの情報は得ておりませんが、外国の事業者のホームページにおいて、日本語での販売宣伝例があります。
 極めて限られた情報として、モリンガの葉の抽出物を妊娠ラットに対し高用量を経口投与したところ、流産がみられたとの文献報告がありました。
 このため、モリンガ(加工品を含む。)の摂取に際しては、妊娠している方又は可能性のある方は十分にご注意して下さい。
 なお、国内におけるモリンガの加工品の販売につき照会した事業者に対しては、仮に販売する場合には妊婦等への注意喚起表示をするよう指導しました。

(引用:厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hokenkinou/4e-3.html

 

母乳育児中だけどモリンガを飲んでも大丈夫?

母乳育児中のお母さんは、赤ちゃんのことを考えて、できるだけ栄養を取りたいと思うものですよね。

 

実はモリンガは、原産地の北インドにおいて“マルンガイ”と呼ばれており、その意味は“母親の親友”という意味なのだそうです。つまりインドでのモリンガは、赤ちゃんを育てるお母さんのための食べ物である、とされているんですね。

 

なぜなら、モリンガには鉄分、タンパク質、ビタミンB1・B2が多く含まれています。母乳は血液から作られているため、母体は鉄分を多く必要とします。また、たんぱく質は、母乳の主成分となります。

 

つまり、モリンガは、良質な母乳をたっぷりと作るために必要な栄養素がばっちり含まれている食べ物なのです。母乳育児中のお母さんは、もちろん、モリンガを食べてOKです。むしろ、赤ちゃんにとって栄養たっぷりの母乳をプレゼントするために、積極的に摂取したほうが良いでしょう。

 

子どももモリンガを食べていいの?

モリンガが栄養たっぷりであることは分かっていただけだと思います。ですから、もちろん、子どもが食べても問題ありません。むしろ、成長期の子どもたちには、積極的に食べてほしい食材です。

 

発展途上国で飢餓が栄養不足にあえぐ子どもたちを救うための食べ物として、スポットライトをあてられています。それだけモリンガが栄養満点と言えるのでしょう。

 

ただ、糖尿病を患っているお子さんは、医師と相談してから摂取するようにしてくださいね。

まとめ

以上、モリンガについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。簡単にまとめてみると、

 

・モリンガは北インド原産の食べ物であり、フィリピンやインドネシアなどの亜熱帯、日本でも沖縄や熊本、宮崎など暖かい地域で栽培されている。

 

・モリンガはとにかく栄養素が豊富に含まれていて、サプリメント、パウダー、青汁、お茶などの加工品が販売されている。

 

・抹茶や緑茶に似た味で、若干苦く、辛みを感じる人もいる。

 

・モリンガは医薬品ではないため副作用はない。しかし、薬を服用・通院中の方は医療機関に相談のうえでの摂取すべき。

 

・母乳育児中のお母さん、成長期の子どもたちは、積極的にモリンガを食べたほうが良い。

 

となります。

 

この記事があなたにとって、少しでも「モリンガってそういうものなのか」と理解していただける手助けになれば、幸いです。

Amazon第1位のモリンガサプリで【美容・健康・毎朝スッキリ】を手に入れませんか?

モリンガサプリメント

「モリンガサプリメント」はAmazonで「モリンガ」商品の売上No.1を獲得している大人気商品です。(※2019年1月時点)

 

その人気の理由は、飲みやすく、価格も安いからでしょう。もちろん、モリンガ100%がしっかり入っているところも要因でしょう。

こういった点が他の商品よりも魅力的だからこそ圧倒的に売れているのでしょう。

それはAmazonレビューを見れば明らかにわかるので、ぜひ見てみてください。↓

Amazonで詳細を見る
モリンガブログ
はじめてのモリンガ

コメント