モリンガの木の育て方・栽培方法を徹底調査

モリンガ木 モリンガブログ

別名「奇跡の木」と呼ばれるモリンガの木は本来、北インドを中心とした熱帯及び亜熱帯地域を原産地としている樹木です。すなわち季節ごとの気温の変化が激しい日本では向いておらず、特に寒い冬の時期に育てるなら温室やガーデンテラスといった温度管理が出来る場所が必要になります。

実際に、モリンガが自生している沖縄や沖縄に近い温かい土地の農家ではビニールハウスでの栽培が確認済みです。

とはいえ、モリンガは丈夫なうえに成長が速い樹木としても知られています。

温度にさえ気を付ければ育てるのは難しくないです。

Amazon第1位のモリンガサプリで【美容・健康・毎朝スッキリ】を手に入れませんか?

モリンガサプリメント

「モリンガサプリメント」はAmazonで「モリンガ」商品の売上No.1を獲得している大人気商品です。(※2019年1月時点)

 

その人気の理由は、飲みやすく、価格も安いからでしょう。もちろん、モリンガ100%がしっかり入っているところも要因でしょう。

Amazonで購入できます↓

Amazonで詳細を見る

栽培方法

そんなモリンガの栽培方法は大まかに3種類に分けられます。

1つは挿し木、もう1つは、そして最後の1つはです。このうち最も簡単な栽培方法は挿し木であるものの、苗や種と比較するとあまり出回っていないので入手しにくいデメリットがあります。

専門的な園芸ショップに赴くか、あるいはモリンガの木を所持している人に頼むかのどちらかが挿し木を手に入れる方法としては主流です。

いずれにしてもモリンガを栽培する場合はこの3種類のうち、どれかを選ばなくてはなりません。

難易度は先述したように挿し木がいちばん簡単で、次に苗、そして種がいちばん難しいです。

理由は種から発芽するまでのプロセスが難しく、1か月以上経っても変化がなければ失敗したと判断されます。

種から栽培を始める際は直接土に蒔いて子葉が出てくるまで適量に水まきする方法もありですが、初心者には種を一晩水に浸して置いておく方法のほうが失敗するリスクがないです。

例えば底が浅い皿に水をいれ、種を一晩浸しておきます。次にタッパーに湿らせたキッチンペーパーを用意してタッパーの中にセッティングし、そのうえに一晩水に浸した種を置いておくと根が出てくるそうです。そのうち芽や子葉が出てくるので、そうなったら土が入った鉢植え用のポットに移します。この過程に入るまでかかる時間はおよそ1週間から10日ほどで、上手くいけば一気に子葉が出てくる可能性は高いです。

種の工程が成功すれば次は難易度がほどほどの苗となりますが、特に注意点はありません。

実はモリンガの苗は多くの業者が取り扱っているので入手しやすく、育てるのも簡単です。元々モリンガは丈夫な植物であるため、専用の土を用意する必要はない特徴があります。もし購入するなら一般的な腐葉土で十分です。水やりに関しても2~3日に一度、しかも少量で構わないとされています。

夏の時期でもこの回数で良く、しかも元気に成長してきたら控えめにしたほうが良いそうです。それでも定期的ではなく、毎日行いたい場合は水のやりすぎに気を付ければ問題ありません。苗の状態における注意点は以上になるものの、付け加えるなら30cm前後に成長したら土壌に移すタイミングなので必ず植え替える事を推奨します。

以上が種と苗から始める育て方ですが、挿し木の始め方は別です。

挿し木

モリンガ

まずはじめにモリンガの木の若い枝を約7~10cmの長さで切り、先端の葉を数枚残して全ての葉を取り除きます。

その残した葉は根の負担を減らすために半分に切っておき、水分の蒸発を防ぐ工夫が必須です。葉を半分に切ったら、多くの水分が吸収できるように枝の切口を斜めにしておきます。そのまま切口を1時間から2時間かけて水につけておき、用意した鉢やポットの土の中に挿せばひとまず完了です。この時土と枝が密着するように土をかけて押し固め、倒れないようにしておかなくてはなりません。

あとは温度に気を付けながら風通しがよく、日当たりの良い場所に置いて発根まで待ちます。時間は約2週間から3週間かかり、無事に根が出たら1週間から2週間までそのまま鉢やポットの中で育てていくだけです。発根するまでの期間の間にモリガンにビニール袋を被せれば、温度と湿度を一定に保ています。それから葉が新しく数枚育ったら、土壌に植え替えすれば挿し木の工程は終了です。

スタートの育て方は異なるものの、乗り越えればあとは簡単と言えます。

ただし注意すべきポイントはいくつかあります。まずスタートはどうあれ、始める季節は温度がある5月から9月にすべきです。未熟な状態であるモリンガにとって寒い季節は最悪の環境といっても過言ではありません。元気に育てるには回復力が期待できる季節がベストです。

また植え替えの際は、根を傷つけないようにする事が推奨されます。根の部分を傷つけるとその後の成長に支障があるからです。根の支障といえば鉢やポットで育てる際は、大きめの代物が最適と言われています。小ぶりの代物だと根が成長できず、樹木自体十分に育たない可能性があり得るからです。

他にも先述したいるように水やりはタブーで、土が乾燥したタイミングで行わないと根腐れします。

温度も同様で、冬など寒い季節で5度以下になると育成は非常に困難です。夏など5度以上の気温が確かな季節では温度の心配はしなくてもよいものの、冬はビニールハウスの利用などしないと栽培になりません。

 

 

この記事に登場するキーワード:

モリンガの木

Amazon第1位のモリンガサプリで【美容・健康・毎朝スッキリ】を手に入れませんか?

モリンガサプリメント

「モリンガサプリメント」はAmazonで「モリンガ」商品の売上No.1を獲得している大人気商品です。(※2019年1月時点)

 

その人気の理由は、飲みやすく、価格も安いからでしょう。もちろん、モリンガ100%がしっかり入っているところも要因でしょう。

Amazonで購入できます↓

Amazonで詳細を見る
モリンガブログ
はじめてのモリンガ

コメント