モリンガのwikipediaをまとめてみた

モリンガブログ

今話題となっているモリンガとは、一体どのようなものなのでしょうか。それを知るのに最も手っ取り早いのが、情報が充実していることで知られるウィキペディアを見ることです。実際、すでにウィキペディアのページも作られており、一通り読むことで知りたい情報を得ることができます。とは言え、植物について解説しているwikiらしく、アカデミックな情報も多く読みづらいと感じるかもしれません。そこで以下にウィキペディアからの抜粋をまとめておきます。短時間でその特徴や効用などを理解したいときに、ぜひ参考にしてください。

まずモリンガとは、ワサビノキと呼ばれる植物のことを指します。ただし日本ではワサビノキと呼ばれることは少なく、その属名が事業者に使われることが多く、商品名としても浸透しているようです。大量に栽培されている地域として知られるフィリピンでは、マルンガイやカモンガイといった名称で親しまれています。同じものを指しているので、海外旅行に出かけた先で購入したいと考えているときには、このことを知っておくと迷うこともないでしょう。

英語では同じ呼び方が一般的ですが、ドラムスティックツリーと呼ばれることもあります。これは、果実の独特の形状から来た名称です。実際に自生しているところを見るとわかるのですが、数メートルの高さにまで伸びた樹木の上の方から、まるでごぼうのように細長い果実がなっています。このさやの中に白い粒が詰まっているのですが、外見は確かに楽器のドラムを叩く棒のように見えることからこの名前がついているのです。なお、日本におけるモリンガという呼び方は、タミル語から来ています。タミル語にはムルンガイという単語があり、これはねじれたさやを意味します。こちらも見た目から名付けられていると言えるでしょう。

主な特徴としては、成長が非常に早いことが挙げられます。さらに環境によって、常に葉っぱをつけているか、秋になると葉っぱを落とすか変化させます。樹木は生育するとかなりの高さにまで育ち、幹の太さも他の植物に比べてしっかりとした太さです。その見た目とは裏腹に、きれいな花を咲かせるのも特徴です。黄色っぽく小さな花びらは、樹木の大柄な見た目に比べると可憐に感じるかもしれません。その花がつく果実は、小さいもので20センチ、大きなもので45センチにまで成長します。樹木の上の方からぶら下がるように実をつけ、全体が茶色になると収穫に適した時期です。大きな果実に反するように、中に詰まっている種子は直径が1センチほどとこじんまりとしたものです。自生したものはかなり大きく成長するため、食用として栽培する場合には、手が届きやすいよう2メートル前後に手入れされることが多いようです。

栽培できる地域の条件は、熱帯や亜熱帯がもっとも適していると言われています。土壌については特に条件はありませんが、根腐れに弱い植物であるため、水はけに優れた砂っぽい土壌が最適です。熱帯を好むと言うだけあって、凍結や霜にはあまり強くありません。日光が十分に当たる地域や、一年を通して気温が高めなところでの栽培がおすすめです。乾燥に強い植物であることから十分な水がなくても成長させることができます。雨水だけでも問題ないことから、食糧問題を解決する植物としても注目されています。

産地として最も有名なのが、年間に100万トン以上を生産しているインドです。インドの広大な土地をこの植物用に割いており、多くの州で栽培されています。地理的に近いフィリピンでも栽培が盛んで、こちらでは葉っぱをスープにして食用とするのが一般的です。育ちやすいことから食用以外の用途にも栽培されており、台湾では発展途上国の食糧問題を解決する目的で、ハイチでは土壌が削られるのを防ぐ目的で活用されています。日本でも栽培への取り組みが行われています。現在はまだ小規模ですが、沖縄県や鹿児島県、熊本県といった日本でも温暖な地域が主な栽培地です。

モリンガ茶

モリンガが食材として優れているのは、その大部分を食べることができる点にあります。無駄が少ないことから、栄養失調などの課題を解決できるのではないかと導入が進んでいます。まず葉っぱについては、ほうれん草と同様に調理して食べるのが一般的です。栄養価も非常に高い部位で、ビタミンCやビタミンB群、さらにはマンガンやタンパク質なども多く含まれています。含有量が多いのも特徴で、多くの食材を摂取するよりもこの植物のみを食べたほうが効果的です。例えばβカロテンはニンジンよりも多く含まれており、カルシウムに至っては牛乳の7倍もあります。パントテン酸はバナナの3倍、タンパク質はヨーグルトの3倍と非常に栄養的に優れているのがわかるはずです。葉っぱの調理方法はそのまま茹でて食べる他、乾燥させて粉末にしたものをソースに使ったりもします。日本では粉末をうどんやクッキーに練り込むといった使い方もあるようです。

こうした特徴から、モリンガはスーパーフードとして注目されています。粉末が他の食材に混ぜやすく、食物繊維やポリフェノールを多く含むことも人気です。

 

この記事に登場するキーワード:

モリンガ,wiki

Amazon第1位のモリンガサプリで【美容・健康・毎朝スッキリ】を手に入れませんか?

モリンガサプリメント

「モリンガサプリメント」はAmazonで「モリンガ」商品の売上No.1を獲得している大人気商品です。(※2019年1月時点)

 

その人気の理由は、飲みやすく、価格も安いからでしょう。もちろん、モリンガ100%がしっかり入っているところも要因でしょう。

Amazonで購入できます↓

Amazonで詳細を見る
モリンガブログ
はじめてのモリンガ

コメント